1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁材の種類と特徴を比較
  3. ALCとは?外壁材ALCパネルの特徴とメリットやデメリット

ALCとは?外壁材ALCパネルの特徴とメリットやデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ALCとは?高温高圧で蒸気養生された軽量気泡コンクリートの事です。英語では「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」で頭文字を取ってALCと言われています。外壁材に使う場合は金属網で補強したALCパネルが使われます。モルタル壁のように塗り壁ではなく工場で生産されたパネルを取り付けることになるので、施工時間が短くて済む特徴があります。

・ALCとサイディングの違い
ALCは軽量気泡コンクリートで、サイディングはセメント質と繊維質を原料とする外壁材です。また厚さについて、ALCは75mm以上の厚型パネルと35mm~75mmの薄型パネルがありますが、木造や鉄骨造に使用されるのは薄型パネルです。サイディングは以前は12mmが主流でしたが、現在では14mmや16mmが主流となっています。

ALCの特徴やメリット・デメリット

ALCは上述したように、軽量気泡コンクリートです。コンクリートと聞くと重いイメージがあると思いますが、ALCの場合、高温高圧で蒸気養生され、内部は気泡が空いている状態です。その為、コンクリートと比べると軽量で1/4程の重さなんです。また、この気泡が空いていることで、夏は涼しく、冬も一定の温度を保てるなど断熱効果が期待できます。

ALCパネルは日本国内では旭化成建材株式会社の「へーベル」、クリオン株式会社の「クリオン」、住友金属鉱山シポレックス株式会社の「シポレックス」があります。「へーベル」に関しては誰もが一度は聞いた事があるのではと思いますが、旭化成のへーベルハウスに使われている外壁材です。

ALCのメリット

ALCのメリットはコンクリートでありながら軽量という事、通常コンクリートは重いイメージがあると思いますが、高温圧縮で蒸気養生され内部は気泡が空いた状態で軽量になっています。軽量化されているメリットとしては、職人が施工しやすく、工事期間を短縮できる事でコストが低くなります。

また、内部に気泡が空いていることで、断熱効果が期待でき、夏は涼しく、冬は暖かいメリットがあります。 上記でALCパネルで有名な3社の商品として「へーベル」「クリオン」「シポレックス」について少し触れましたが、紹介したALCパネルはすべてJIS規格により品質が安定している事もALCパネルのメリットです。

「へーベル」の認定書はこちら
「ALCクリオン」の認定書はこちら
「シポレックス」の認定書はこちら

また、耐火性、遮音性が高いのも特徴です。

ALCのデメリット

ALCは良い事ばかりと思ってしまいますが、実は、ALCパネルは防水性が弱いデメリットがあります。???コンクリートは「耐水性が高い」と思っている人も多いと思いますが、ALCの場合、内部に気泡が空いている為、内部の気泡に水が浸透し耐水性が低下してしまいます。

「それでは使えない」と思っていまうかもしれませんが、防水性に関しては、外壁材ではなく、防水性の高い仕上げ材を使う事で対応でき、耐久性・防水性が高いシーリング材を使用することで防水性は長い期間保てるようになります。ALCパネルを使用している方で外壁塗装を検討されている場合は、一度、塗装業者に相談して見た方がよいでしょう。

まとめ

ALCパネルのデメリットでも言ったように、防水性については、外壁ではなく塗装によって防水性を高めています。その為、塗装が剥がれてしまったり、劣化した場合、水が浸食してきますので早めに対処する必要があります。また、ALCはパネルですので、シーリング材で隙間を埋めています。シーリングが劣化するとパネルの寿命を縮める原因になるので、注意しなければいけません。

軽量、断熱性・耐火性・遮音性が高いなどメリットが沢山ありますが、防水性が低いパネルですので定期的にチェックする必要があります。塗装業者の中には、ALCパネルをあまり使った事がない業者もいるので、もし塗装を依頼する際には、ALCパネルの塗装実績が豊富な業者に依頼するようにしてください。デメリットでも伝えたように、防水性に関しては、外壁ではなく塗装に頼ることになりますので、防水性の高い仕上げ材を使用しないとALCの寿命が縮まってしまいます。塗装後に定期的に外壁チェックをしてもらえる業者を選ぶ事が大切です。

ALCパネルの塗装を得意とする業者を探す。

このエントリーをはてなブックマークに追加