1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁塗装の用語集
  3. 可塑剤移行:ブリード現象とは

可塑剤(かそざい)移行:ブリード現象とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリード現象とは、外壁のひび割れ(クラック)を補修する際に使うシーリング(コーキング)剤に含まれる可塑剤が表面に出て行き塗料と反応して変色する現象です。外壁にグレーで塗ったようなミミズ跡のような症状がブリードです。

現在ではシーリング剤も改良さているので、ブリード汚染を見かける機会は少なくなっていますが、DIYで塗装している人、または業者の中でも可塑剤の性質を理解せずに使用していると可塑剤移行(ブリード現象)が起きてしまうので注意しておきましょう。

・可塑剤とは
可塑剤とは、下地処理で使うシーリングに柔軟性を与えるための材料です。塗膜を柔らかくするために使われています。シーリングは外壁の隙間や継ぎ目を充填し、気密性を保ち、防水の為に使いますが、気温変化により、外壁収縮がおきた場合、当然ですが、硬いとひび割れがおきやすくなります。その為、柔軟性を高めるために可塑剤が使われています。

ブリード現象が起きる原因

ブリード現象はシーリング剤の中にある可塑剤が塗装面に溶け出て塗料や外壁についている汚れと反応して変色してしまいます。原因はシーリング剤と塗料の相性が悪く、反応することで成分が表面に出ていき変色していきます。

現在では、シーリング剤の改良で職人による塗装でブリード現象が起こる事は少なくなってきていますが、例えば、はじめての塗装ではなく、一度塗装している場合は、前回の塗装時に使用した塗料との相性も考えておかないと、ブリード現象が起こる可能性があります。

可塑剤移行:ブリード現象の防止・対策方法は

可塑剤移行(ブリード現象)の防止・対策方法はないのか?防止・対策方法を紹介します。

ノンブリードタイプのシーリング剤を利用する

上記で現在ではシーリング剤の改良によってブリードが起こりにくいと言いましたが、最近のシーリング剤はブリード現象が起きないように改良されたノンブリードタイプのシーリング剤が主流なっています。ノンブリードタイプのシーリング剤を利用すれば可塑剤移行を起こしにくくなるので、ブリード現象を防止できます。

可塑剤の染み出しを抑える逆プライマーを利用してから塗装する

ノンブリードタイプのシーリング剤を利用しない場合は、逆プライマー(スズカ)やブリードオフプライマー(日本ペイント)の可塑剤移行防止プライマーを利用してから、塗装することで、ブリード現象を防止できます。

・逆プライマー(スズカファイン株式会社)
https://www.suzukafine.co.jp/seihin/seihin.php?code=01350

・ブリードオフプライマー(日本ペイント株式会社)
http://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/prd_45.html

すでにブリード現象が起きている場合

ブリード現象がすでに起きている場合についてですが、サイディング外壁の目地部分などにブリード現象が起きている場合は、古いシーリング剤をとって、新しく上記で紹介したノンブリードタイプのシーリング剤を使えば対処可能です。

まとめ

ブリード現象については、外壁がミミズ跡のような症状になるので、見た目が悪くなってしまいます。程度にもよりますし、外壁によって目立つ目立たないがあるとは思いますが、目立つ場合は対処しておいた方が良いでしょう。

上述してきたように、最近のシーリング剤はノンブリードタイプを使用しているので、ブリード現象が起きづらくなっているので大丈夫ですが、モルタル壁のひび割れで、可塑剤の入ったシーリング剤を使っている場合はサイディングの目地部分と違い、シーリング剤を完全に取り除く事ができません。その為、モルタル壁の場合は、上記で紹介した逆プライマーやブリードオフプライマー等の可塑剤移行防止プライマーを使ってから塗装することでブリード現象を防止できます。

それほど心配する必要はありませんが、しっかり確認せずに塗装する業者、可塑剤の性質について理解していない業者もいますので、注意しておかないとせっかく塗ってもすぐに不具合などが出てくる可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加