1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁塗装業者の選び方

外壁塗装業者の選び方とポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装を検討している場合、業者選びはどのようにしているのか?はじめて塗装を検討している場合、どの業者を選べば良いのかわかりませんよね?消費者生活センターに年間7000件もの苦情がくる塗装業界ですので、優良な業者もいれば、悪質業者も存在しています。

もし自分の家の塗装を悪徳業者に依頼してしまったら、せっかく塗装しても数ヶ月で剥がれてきたり、ひび割れを起こしたり、高いお金を支払って塗装したのに後悔してしまうでしょう。

どうすれば後悔・失敗しない優良な塗装業者を選ぶ事ができるのか?選び方のポイントを紹介していきます。

  1. 塗装業者の資格・許可を確認~一級塗装技能士かどうか?
  2. 外壁塗装工事が終了後のアフターフォーローと保証期間
  3. 訪問販売の営業マンに騙されない為に~業者の手口を知る
  4. 外壁塗装は必ず相見積もりで複数業者を比較~どこに依頼すべき?
  5. 契約の注意点~口約束ではなく必ず契約書に残す

塗装業者の資格・許可を確認~一級塗装技能士かどうか

まず確認して欲しいのが塗装に関係する資格・許可についてです。一級塗装技能士という国家資格がありますので、代表者が資格者かどうかを確認してください。また県知事・国土交通大臣認可の建設業の許可を受けているかを確認してください。

建設業の許可は通常500万円以下の工事の請負では必要ありませんが、許可が下りるのには10年以上の塗装工事実務経験のある専任技術者が必要など、条件があります。簡単に許可がおりる訳ではないので、信頼性という意味では、建設業の許可がおりた業者に依頼した方が失敗せずに済むでしょう。

詳しくは→【外壁塗装】塗装業の資格~一級塗装技能士かどうかを確認!

外壁塗装工事が終了後のアフターフォーローと保証期間

工事終了後のアフターフォローと保証期間についてですが、業者によって保証期間やアフターフォーローが異なると思います。昔は保証期間などなかったのですが、今ではほとんどの会社が保証期間を設けています。

しかし、保証の内容については、付帯部分にに対応していなかったり業者によって内容が異なります。

保証については業者に瑕疵があった場合の保証ですので、すべてを保証してくれる訳ではありませんが、保証が無いよりはあった方が良いのは当然ですので、保証内容を確認した上で業者を選びましょう。ただし契約する際は契約書に保証についての記載があるかは確認しておきましょう。記載が無い場合があります。

詳しくは→外壁塗装工事が終了後のアフターフォーローと保証期間

訪問販売の営業マンに騙されない為に~業者の手口を知る

訪問販売に来た営業マンのトークに騙されて契約してはいけない!まず塗装を依頼するなら訪問販売で営業にきた業者は除外するようにしてください。

100%契約しない方が良い!とは言い切れない部分がありますが、住宅リフォームの苦情の内、8割が訪問販売によるものというデータがある事を考えると、成功する可能性があるにしても訪問販売の業者に依頼すべきではないと思います。訪問販売業者の手口を知って騙されないようにしてください。

詳しくは→訪問販売の営業マンに騙されない為に~業者の手口を知る

外壁塗装は必ず相見積もりで複数業者を比較~どこに依頼すべき?

塗装業者の良し悪しを判断するにはどうすれば良いのか?資格や許可、保証なども判断する上で重要ですが、価格面も重要です。

いくら良い業者でも高すぎる場合は依頼できませんよね?その為、まずは相場感を得る為にも複数の塗装業者に相見積もりを取ってください。見積もりを比較する事で判断基準ができ、選ぶための一つの基準となります。

詳しくは→外壁塗装は必ず相見積もりで複数業者を比較~どこに依頼すべき?

契約の注意点~口約束ではなく必ず契約書に残す

契約する際には契約書に署名・捺印をする事になりますが、契約する前に必ず見積もり書の内容、契約までに話しをして決まっている内容が契約書に反映されているか必ず確認してください。

記載もれがある場合は必ず記載してもらうようにしてください。わざと記載していない可能性もあるので、対応が微妙な場合は契約しないという事も頭に入れておきましょう。

詳しくは→契約の注意点~口約束ではなく必ず契約書に残す

外壁塗装業者を選ぶ際は口コミで評判を確認しておく

外壁塗装業者を選ぶ際は上述しように資格を所有しているかなど確認する必要がありますが、最低限どのような業者なのかホームページで確認すること、口コミや評判を検索して悪い噂がないか確認してから契約するようにしてください。契約してから評判を調べて不安になっている依頼主もいるので、見積もり依頼する前、最低でも契約する前に必ず確認しておきましょう。

インターネットに載っている情報ですのですべて本当かどうかはわかりません。しかし、悪い情報が多く載っている場合は、もしその業者が優良業者であっても疑ってしまいますよね?気持ちよく依頼できないなら他の業者を選んだ方がお互いに良いと思います。

信じるかどうかは依頼主次第ではありますが、一つの基準として考えても良いでしょう。悪い噂が立つには理由が何かしらありますし。

このエントリーをはてなブックマークに追加