1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁塗装工事でよくあるトラブル事例
  3. 外壁の塗料の選択による弊害!木部と鉄部の塗装も考える

外壁の塗料の選択による弊害!木部と鉄部の塗装も考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁の塗装だけでなく木部・鉄部もしっかり考えていますか?外壁塗装はそれほど、何度も行う工事ではなく、大体10年に一度と言われています。2度目以降の塗装を検討している方にとっては、10年も経過すると、前回利用した塗料よりも性能・機能が優れた塗料が開発されていますので、どの塗料?と考えてしまいます。

多くの場合、業者は耐用年数が長く、機能性にも優れたバランスの良い高級塗料ををすすめてきますので、機能がアップしていますし、前回と同じ塗料で塗装を行うことはあまりないはずです。大体の人は塗料についての知識もありませんので、業者にすすめられた塗料を使っていると思います。

業者にすすめられた塗料についてはしっかり、どんな塗料なのか?メーカーはどこなのか?自社開発と言っている塗料ではないか?など確認しておく事が大切ですが、さらにもう一つ確認しておいて欲しい事は外壁以外の木部や鉄部に使う塗料の事です。

木部、鉄部の塗装もしっかり考えておく

外壁塗装をする場合、外壁の塗装にのみ注意がいってしまいますが、外壁以外にも木部、鉄部なども塗装を行っていくことになります。業者から外壁についての説明はあっても、その他の部分は簡略的に説明される場合があります。しかし、木部・鉄部に関しても、しっかり話を聞いておかないと、トラブルの元になる可能性があります。

外壁以外の塗装部分(木部、鉄部)でのトラブル

以外と多いトラブルだと思いますが、上述したように、外壁塗装の方を重点的に考えていますので、木部・鉄部の塗装はそれほど重要視していないことが多いと思います。

しかし、以外と多くの人が外壁よりも先に、木部・鉄部の塗装が剥がれてきた、ひび割れがおきたなど、不具合を感じているんです。

なぜ同じ時期に塗装したのに外壁よりも早く塗膜が劣化しているのか?実は、外壁には高級塗料を使用し、木部・鉄部には外壁よりもグレードの落ちる塗料を使用しているケースがあるからです。

塗料には耐用年数があり、例えば、外壁にシリコン塗料を使って、木部・鉄部にウレタン塗料を使った場合、シリコン塗料の耐用年数は10年~15年、ウレタン塗料の耐用年数は7年~10年ですので、塗料の耐用年数が異なります。当然ですが、ウレタン塗料を塗った木部・鉄部の方が早く劣化していきます。その為、見た目上、外壁はまだ塗り直ししなくてもよいが、木部・鉄部の塗装が剥がれて塗装した方が良いという状態になってしまいます。

また、木部・鉄部の塗装についてもしっかり確認した方が良いと言ったのは、どんな塗料を使うのかの確認もありますが、外壁と同じように3度塗りするのかどうかの確認もして欲しいからです。下地処理など通常の工程を抜いて工事を行う業者も存在します。工程を抜いてしまうと、塗料本来の耐用年数すら持たない場合があり、せっかく塗装してもすぐに「剥がれる」「ひび割れ」などを起こすことがあります。

木部と鉄部は付帯部分ではありますが、すぐにはわからなくても、後々、塗料の差で困った事になってしまう可能性があるので、なるべく同じ塗料を使用してもらったほうが良いでしょう。外壁がシリコン塗料なら、木部・鉄部もシリコン塗料を使うようにしてください。

まとめ

外壁塗装は外壁以外にも木部・鉄部など付帯部分の塗装もある事を理解しておいてください。疎かになりがちですし、業者も見積もり上でうやむやにする場合もあります。しっかり確認した上で塗装しないとトラブルの元になってしまいます。

しっかり確認してトラブルを回避するようにしてください。後で、言った言わないの話しになっても解決できません。見積もり、契約書など書面で残す事をオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加