1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁リフォーム工事の流れと工程

【外壁塗装】外壁リフォーム工事の流れと工程

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装工事の流れ・工程を知る!どのような流れで塗装工事が進んでいくのかを知っておきましょう。業者によって多少異なる事もありますが大体下記の流れで塗装工事が進んでいきます。

外壁リフォームの流れ・作業工程の手順

・近隣への挨拶
まずは近隣への工事の挨拶を行います。工事中は塗料やシンナーの臭いがしたり、作業車が通るわけですので、騒音もあります。いつもの生活とは異なる状況になるので近所への配慮はしっかり行っておかないと、トラブルになってしまいます。工事のスケジュールをしっかりと伝え、近所への理解を求める為に挨拶周りが必ず必要です
・足場の設置工事、飛散防止ネットをはる
外壁の塗装をしやすくするために、外壁に沿って足場を設置します。これは職人が安全に塗装する為もありますが、しっかりとキレイに塗装するために、安定した足場を組む為です。また、相場を組んだあとに塗料の飛散防止の為のネットをはります。
・外壁・屋根の高圧洗浄
外壁・屋根の塗装部分を高圧洗浄機を用いてきれいにします。汚れ、コケ、カビなどを落とし、塗装面をキレイに洗浄します。キレイにしておかないと、後々、ひび割れや膨れの原因になったりします。
・養生
塗装しない部分、窓枠やサッシを養生テープでカバーします。キレイに養生テープを貼れていると、仕上がりもキレイになります。
・下地処理(下地調整)
外壁のヒビ割れ、剥がれ、ふくれ、サイディングの目地(隙間、繋ぎ目)の処理を行います。下地処理を怠ると、短期間でひび割れが起きたりなどトラブルになる場合があります。とても大事な工程であることを知っておきましょう。
・下塗り
下塗りは、外壁に塗料を接着させる役割をもっています。外壁との密着性を高める為に、シーラーと呼ばれる下地強化材を塗っていくことになります。下地をしっかり塗らないと中塗り、上塗りで塗料が外壁に定着していきません。
・中塗り
通常、塗装依頼主が希望した色で塗装していきます。下地材を保護して色も付くので完成形に近づきます。
・上塗り
塗りの最終工程で、中塗りと同じ色を使って3度目の塗りとなります。仕上げの塗装として見た目、強度をあげていく工程です。中塗りも同じですが、塗料には必ず乾燥時間が決められています。守らないとしっかりした塗膜ができないので注意が必要です。まれに時間短縮で乾燥時間を守らない業者も居るため注意しましょう。
下塗り、中塗り、上塗りとありますが、下塗りに使った塗料によっても工程の間の間隔時間が異なります。中には16時間以上あけないといけない場合もありますので、あらかじめ、工程毎の乾燥時間を教えてもらっておくと良いです。
・付帯部分の塗装
破風板、軒天、雨樋、戸袋、雨戸など外壁や屋根以外の部分を塗装します。外壁などにくらべ細かい部分になるので、手抜きする業者もいるので注意してください。この付帯部分の塗装においても鉄部などは錆びを落としたり、塗料が密着するようにわざとキズをつけたりするケレンや下地処理をしっかりした上で外壁塗装と同じように、下塗り、中塗り、上塗りと基本は3度塗りします。
・確認作業
塗装工事がしっかりできているかチェックします。すべて完璧にできていれば良いのですが、塗料が飛び散っていたり、塗り残しがあったりする可能性もあるので、確認をして、依頼主にもチェックしてもらいます。
・足場解体・清掃
確認作業の上、問題が無い場合は、足場を解体して掃除をして工事完了となります。
・近隣への挨拶
工事を始める前に挨拶に行っていますが、約2週間ほど、近所に迷惑をかけていますので、最後に終了の挨拶まわりをします。業者によっては無い場合もありますが、してくれる業者の方が気持ちよいですよね。

大体の塗装リフォームの流れ工程を掴む

上記では一般的な塗装リフォーム工事の流れです。外壁塗装で注意すべき点は、下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが行われかどうかです。業者の中には、2回、または1回しか塗らない業者もいます。3度塗りする事でしっかり塗膜ができ、紫外線などから家を守ってくれます。

しっかり塗装工事を行ってくれる優良業者を選ぶ事が大事です。また、塗装工事は、シンナーを利用するので臭いもありますし、塗料を使うわけですので、近隣への影響もしっかりと考えておかないとトラブルの元となりますので、その辺も考慮した上で工事を行ってくれる業者を選ぶ事が大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加