1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁材の種類と特徴を比較
  3. サイディングとは?種類や価格、補修メンテナンスについて

サイディングとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイディングとは、セメント質と繊維質を主な原料とする窯業系、金属系のサイディングなど種類があり、外壁素材の一種で、近年では新築など多くの住宅で使われています。サイディングボードとも呼ばれ、板状のなので、外壁に沿ってボードを貼り付けていく外壁材になります。

モルタル外壁のように、モルタルを外壁一面に塗っていくわけではなく、シーリングでボードを繋いでいく外壁です。

サイディングの種類

サイディングは素材によって大きく4つに分類されます。

  1. 窯業系(ようぎょうけい)サイディング
  2. 金属系サイディング
  3. 木質系サイディング
  4. 樹脂系サイディング 

窯業系(ようぎょうけい)サイディング→デザインが豊富なのが魅力

セメント質と繊維質を主な原料として一般的な住宅で一番使われているのが窯業系サイディング。多くのメーカーから様々な窯業系のサイディングボードが販売されているので、どんな外壁にするか、好みのデザインにする事ができます。

金属系サイディング→軽量でリフォーム時にも使える

鉄板、アルミニウム合金、ステンレス鋼板などを成型したサイディングボード。窯業系サイディングよりも軽く、モルタル外壁と比較すると1/10と言われています。軽量な為、建物への負担が少なく、耐震性・断熱性・防水性に優れていると言われています。既存の外壁の上から重ね貼りが可能なので、リフォームでも多く使われている特徴があります。

木質系サイディング→木のあたたかさ・風合いが楽しめます。

天然木に塗装した外壁材です。断熱性が高く、木の風合いを楽しめる、環境にやさしい外壁材です。木なので防火性能を心配される方もいるでしょうが、防火性の高い木製サイディングも開発されています。

樹脂系サイディング→メンテナンスの手間が省ける

外壁は時間が経てば当然劣化してきますので、色あせ、塗膜のはがれ、錆などが発生しメンテナンスが必要になりますが、樹脂系サイディングは塩化ビニール樹脂を原料とした外壁材で、耐久性・耐候性に優れているため、劣化や色あせの心配がほとんどいりません。ただし、利用できる業者が少ない事を知っておきましょう。

サイディングの補修・メンテナンスについて

サイディングの種類にもよりますが、大体10年周期でメンテナンスをした方が良いでしょう。サイディングは30年から40年持つと言われた人もいると思います。確かにサイディング事態の寿命はそのくらいあるとは思いますが、サイディング自体ではなく、塗装した塗料が10年くらいで劣化し機能低下しますので、メンテナンスが必要になります。また、サイディングはシーリング材でつないでいますので、シーリングの劣化も考えられます。ボード自体ではなく、シーリング、塗装を考えると10年くらい周期で補修メンテナンスした方がよいでしょう。

サイディングの傷みの原因

どの外壁材でも起こりうる話しですが、上述したようにサイディングボード自体の寿命は長いのでそれほど、緊急性を要するような事はあまりないと思いますが、目地シーリングの劣化については、しっかりチェックしておいたほうが良いでしょう。目地部分が劣化してしまうと、その隙間から雨水が灰至りなどして外壁自体に影響を及ぼす可能性があります。クラック(ひび割れ)やチョーキング(白亜化)も起こりますので、そのままにせずなるべく早めに対応しておいた方が良いです。

ただし、都度業者に依頼していてはお金がかかってきます。インターネットで調べれば自分でできる補修もあるので、DIYを検討しても良いかもしれません。

自分で補修するのが不安な方は、近所の塗装業者・ネットで業者を探し、一度相談だけしてみても良いと思います。優良業者に相談したい方は下記からどうぞ

サイディング外壁の塗装を得意とする業者を探す。

このエントリーをはてなブックマークに追加