1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁塗装業者の選び方
  3. 【外壁塗装】塗装業の資格~一級塗装技能士かどうかを確認!

【外壁塗装】塗装業に関係する資格について

このエントリーをはてなブックマークに追加

実は塗装業をはじめるにあたって資格は必要ないんです。多くの人が勘違いしていると思いますが、塗装するのに資格がいらないので、言ってしまえば誰でも塗装業をはじめることができるのです。

資格がいらないとなると、塗装業者って信用できるの?と思ってしまいませんか?

そこで一つの基準として塗装技能士の資格を持っている塗装業者を選ぶ事をオススメします。

一級塗装技能士とは

厚生労働省が認定する国家資格で1年に1回、都道府県職業能力開発協会が実施している技能検定に合格した人の事です。特級、1級、2級、3級とあり、受験するには特級(1級になってから実務経験5年以上)、1級(実務経験7年以上)、2級(実務経験2年以上)、3級(実務経験6ヶ月以上)の実務経験が必要です。

一級塗装技能士の場合、受験するのに実務経験が7年以上必要です。合格率も50%程度ですので、簡単に受かる資格ではありません。その為、信用できる塗装業者を選ぶ時の一つの基準として参考になります。

中には受験していないだけで、技術を持っている職人も居るでしょうが、素人が技術が高い低いを判断する事は難しいので、一級塗装技能士の資格を基準にした方が良いでしょう。

「塗装技能士」以外の資格について

「塗装技能士」以外にも、塗装業者を判断する基準として参考になる資格・許可があります。参考にしてみてください。

  1. 塗装指導員
  2. 建設業許可(塗装業)
  3. 有機溶剤作業主任者
  4. 足場の組立て等作業主任者

塗装指導員とは

職業訓練指導員の免許のうちの一つである職業訓練指導員(塗装科)。実務経験が15年以上、もしくは一級塗装技能士の資格所有者が受験できる資格です。

建設業許可(塗装業)とは

建設業許可とは、建設工事を請け負う場合、都道府県知事又は国土交通省の建設許可が必要になります。ただし、請負代金が500万円未満の工事の場合は建設業の許可が必要ないとされています。塗装工事業の経営経験が5年以上又は、他の建設工事での経営経験が7年以上ある方が管理責任者として常勤、10年以上の塗装工事の実務経験のある人が専任技術者として常勤していないと許可がおりません。また資本金が500万円以上、又は、口座に500万円以上の残高がある必要があるので、ある程度、信頼できる業者でないと許可されません。

有機溶剤作業主任者とは

有機溶剤(シンナーなど)によって身体に被害を与えないように指揮・監督する人です。受験資格もありませんし、講習を受ければ比較的かんたんに所得できる資格です。

足場の組立て等作業主任者とは

足場の組立て、解体作業に行う際に労働災害がおきないように防止する人。足場の組立て、解体作業に3年以上従事した人が受講でき、取得できる資格です。

資格保有の業者ではなく、営業に長けた業者が勝ってる?

塗装業界に悪徳業者が多い理由にもなっていますが、資格がなくても塗装工事の営業をする事が可能なので、営業が上手な人・会社に受注が集まってしまいます。職人が直接営業したり宣伝したりする姿って想像しにくいですよね?どちらかと言うと、寡黙な感じを想像してしまうと思います。中には営業が得意な人もいるでしょうが、職人もしていて営業も得意という方はなかなかいないと思います。そうなると塗装職人でなくても塗装の営業だけを担って、受注し、営業が苦手な塗装業者に仕事を振る会社が勝ってしまう流れになってしまいます。

営業が苦手な塗装業者は技術があるのに下請にまわることになり、営業会社にマージンをとられて、限られた予算の中で工事をしなくてはいけなくなります。ある程度工事費用が高ければ問題ありませんが、低い価格にも関わらず塗装工事を行う塗装業者もあります。

予算が低くなれば、出来る事も限られますし、わかっていながら手抜き工事をしなければいけない状況にもなります。塗装の依頼主にとっても塗装業者にとっても間に業者を挟むことはWIN-WINではありません。

上記で紹介した資格を有している業者を探して業者を選ぶ事で失敗は少なくなるはずです。資格がすべてではありませんが、塗装について知識が無い場合は、分かりやすい判断基準を元に業者を選んだ方が失敗が少ないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加