1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁塗装の用語集
  3. 下塗り・中塗り・上塗りとは?~外壁塗装は3度塗りが基本

下塗り・中塗り・上塗りとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装は、まず下塗りによって外壁材と「中塗り」「上塗り」の塗装面の密着性を高める塗料を塗り、その後に中塗り、上塗りと工程が進み、3度塗りする事が基本です。3度も必要なの?と思う人もいるかもしれませんが、耐久性が高い外壁にする為に必要な工程です。下記にそれぞれの塗りの工程を詳しく説明するので確認してみてください。

下塗りとは

シーラー・プライマーなど外壁材と「中塗り」「上塗り」の塗装面の密着性を高める塗料を塗ります。接着材の役割を果たして密着性を高める事で、剥がれなどが防止できます。反対に下塗りを丁寧に行っていないと、密着できていない箇所から剥がれてきたりするので、とても大切な工程となります。

手抜き業者の中には、この下塗りの工程を省く事があり、その場合、いくら高級な塗料を使ったとしてもすぐに剥がれてくるなど不具合を生じやすくなります。そのくらい下塗りの工程は重要です。

ちなみに「下塗り」は下地処理の一部と言われる場合もあります。下塗りをする前に、壁面をキレイにしたり、クラックの処理、シーリング材の処理などした上で塗っていきます。

中塗りとは

中塗りは密着性を高める下塗りと上塗りとの間にする2度目の塗装です。平滑な下地を作り、塗装を補強します。基本は上塗りと同じ塗料を使いますが、同じ塗料の為、中塗りと上塗りのどちらをしているのかわかりませんし、手抜き工事をしていても気が付きません。その為、業者によって嫌がる可能性がありますが、中塗りと上塗りの色をわけるのが良いでしょう。

上塗りとは

基本は中塗りと同じ塗料を使って塗っていきます。上塗りは仕上げとして、美観性と強度を上げていく工程です。下塗りを行った上で中塗り、上塗りの工程を行うことで耐久性が高くなります。塗料には必ず、乾燥時間が決められていますので、しっかり乾燥させて、次の工程に進まないと、せっかく塗装したのに、しっかりした塗膜ができずにすぐに剥がれたりする事があります。決められた乾燥時間を守らずに次の工程へ進む業者もいるので注意が必要です。

まとめ

下塗り、中塗り、上塗りについて説明してきましたが、塗りに関しては、まずは下地の処理をした上で密着性を高める下塗りをしっかりとしないと、いくら高価で性能の良い塗料を使っても意味がありません。工程の全てが大事ではありますが、決められた乾燥時間、塗料の希釈率などを守った上で塗装を行うことが大切です。

中には、どうしても悪い訪問販売業者、悪徳業者がいるので、手抜き工事、価格に騙されないように、必ず業者を複数比較してから塗装工事を依頼してください。下記サイトのように優良業者しか登録できないWEBサイトを使ってみるのも手ですね。

外壁塗装工事を複数社に無料一括見積もりを依頼してみる!

このエントリーをはてなブックマークに追加