1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 塗料の種類と価格
  3. シリコン塗料とは?~シリコン塗装の特徴(価格相場や耐用年数)

シリコン塗料とは?~シリコン塗装の特徴(価格相場や耐用年数)

このエントリーをはてなブックマークに追加

シリコン塗料は、グレードでいうとフッ素塗料の下に位置する塗料ではありますが、他の塗料と比較して費用対効果が高い塗料ですので、多くの方に利用されています。相場価格や耐用年数、シリコン塗料の特徴について紹介していきます。

シリコン塗料とは

シリコン塗料は主成分となる合成樹脂がシリコン系の塗料で、耐久性が高くコストパフォーマンスが良い事から、現在一番使われている塗料です。撥水性があり、汚れも付きにくい性質があるので、長い期間、キレイさを保ってくれます。

【外壁塗装】シリコン塗料の特徴(価格相場や耐用年数)

シリコン塗料の特徴について紹介していきます。

相場 耐用年数 メリット デメリット
2000円~/m2 10年~15年 耐水性、耐熱性、耐汚性、耐久性に優れ、アクリル塗料やウレタン塗料よりも耐用年数が長い アクリル塗料やウレタン塗料よりも高い。塗膜が固くなるため、10年を過ぎるとひび割れしやすくなる。

シリコン塗料はアクリル塗料やウレタン塗料などよりも価格が高いのですが、耐用年数が長く、最終的には塗装工事回数を減らす事ができ価格も安くすみます。また、価格の割りに耐水性、耐熱性、耐汚性、耐久性に優れているので、現時点では一番利用されている塗料ですし、塗装業者も一番進めてくる塗料です。

グレードはフッ素塗料よりも下で、他にもシリコン塗料よりも良い塗料はありますが当然価格が上がっていきます。費用対効果を考えると、シリコン塗料は一番無難ですし、後悔しない塗料です。

ただし、デメリットとして「塗膜が硬くなる」ため付着性に関して言えばウレタン塗料の方が優れていますので、密着率が悪くなり重ね塗りする際は下塗り塗料(シーラーやフィラー)と言って、塗装面と上塗り塗料の付着をよくする塗料を利用するなどして、問題を解決しておく事が大切です。

また塗膜が硬くなっていきますので、10年を過ぎ、地震などで建物が動いたりなどするひび割しやすくなります。

シリコン塗料はどんな人にオススメ?

・無難な塗料→総合的に優れている塗料が良いという方
・価格をある程度抑えたいけど耐久性なども求める方

シリコン塗料について良い点や欠点を紹介しましたが、総合的に考えてシリコン塗料はオススメできる塗料です。ある意味、他の塗料よりも秀でた特徴がある訳ではない無難な塗料ですが、価格面、耐水性、耐熱性、耐汚性、耐久性など総合的に考えた場合、他の塗料と比較して一番使い勝手が良いと思います。そのため、一番使われている塗料なんです。

自分の家にあった機能性のある塗料を選びたい方にはオススメしませんが、塗装工事料金は100万円くらいかかってくるので、そんなに頻繁には難しいはずです。機能性のある塗料と比べると劣る部分はありますが、耐用年数を考えるとシリコン塗料を利用するのが良いと思います。もしもどの塗料にするか迷っている?ならシリコン塗料を利用するのを勧めます。おそらく見積もりを依頼した塗装業者も同じように勧めてくるはずです。

3大塗料メーカー(日本ペイント・エスケー化研・関西ペイント)のシリコン塗料を使った方がいい?

塗料メーカーは沢山あるので、どこのメーカーの塗料を選ぶのか?については検討する必要があるのですが、もしもどのメーカーが良いかわからない場合は3大塗料メーカーの日本ペイント(ニッペ)、エスケー化研、関西ペイントのシリコン塗料と使う事をオススメします。

3大塗料メーカーのシリコン塗料を使った方が良い理由の一つとして、シリコン含有量が挙げられます。シリコン塗料と言っても価格はピンきりなんです。その違いがシリコン含有量だったりします。

また、塗装業者でオリジナル塗料を勧めてくる事がありますが、オリジナル塗料なんてそんなに簡単に作れるものではありません。多くの場合、OEMと言って、他社が開発した塗料のラベルを自社に変更しているだけですのでオリジナル塗料だからと言って良い塗料と判断する事はできません。シリコン含有量が1%であってもシリコン塗料ですので、含有量が少ない安いシリコン塗料では耐久性が悪くなってしまいます。

悪質業者は無知をいいことに騙そうとし、本当は安い塗料なのに、高い価格を支払うケースも存在しています。

その為、騙されない為にも、シリコン塗料を選ぶなら、3大塗料メーカーのシリコン塗料を使う事をオススメします。信用できるメーカーの塗料を使いましょう。

他のメーカーでも良い塗料はありますが、しっかりと説明してもらい判断できれば利用するのも良いと思いますが、もしも説明を聞いてもわからないのであれば、3大メーカーの塗料を使っておいた方が無難です。

シリコン塗料のまとめ

色々とシリコン塗料について言ってきましたが、現在一番使われているコスパの良い塗料だと分かっていただけたかと思います。総合的に考えると、手ごろな良い塗料ですので、間違いはないと思います。

一つ注意点をあがるとすれば、付帯部分の塗装についてです。外壁をシリコンで塗装したのなら、付帯部分についてもシリコン塗料で塗装をオススメします。付帯部分を価格重視で安くすませる方もいますが、シリコン塗装と耐用年数が異なる塗料を使ってしまうと、劣化する時期が異なってしまいます。目に見えて劣化時期が異なってきますので、同じ時期になるようにタイミングを合わせておいた方が良いでしょう。工事回数も減りますし!

シリコン塗装を得意とする業者を探す。

このエントリーをはてなブックマークに追加