1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁塗装の耐用年数と塗り替え時期・タイミング

外壁塗装の耐用年数と塗り替え時期・タイミング

このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装はどのくらいの周期で行うべきなのか?一般的には10年に一度と言われていますが、家の状態によっては「もうすぐ10年だけど外壁リフォームすべきなの?」「まだひび割れなど無いけどすべき?」などすぐに塗装工事を行うべきか迷っている人もいるでしょう!

そこで、これから外壁塗装を考えている方、塗装工事すべき時期なのか?を知りたい方に塗装の目安について紹介したいと思います。

まずは何故、外壁塗装をすべきかについて

外壁塗装は戸建てを所有している人であれば、家の状態によって10年に1度は外壁リフォームの検討しなくてはいけません。というのも、家は外壁や屋根によって、紫外線や雨などから家を守っているからです。この効果は塗料によっても異なりますが、耐用年数が決まっています。塗膜が時間経過とともに劣化してきますので、その期間が大体10年くらいと言われています。

もちろん、屋根、外壁のすべてが均一に紫外線を浴びたりする訳ではありませんので、部分的にはまだま大丈夫箇所もあるとは思いますが、一般的には10年に一度は劣化した塗膜を新しく塗り替えすることで、家の劣化を防止することができるとされています。

外壁塗装の塗り替えの目安

箇所 塗り替え目安
外壁:吹き付け 6年~10年
外壁:サイディング 10年
外壁:ALC 10年
屋根:カラートタン 5年~8年
屋根:スレート・コロニアル 10年
木部 3年
鉄部 3年

こんな症状が出ているなら塗り替え時期かも!

・外壁のひび割れ
・コーキング割れ
・塗装が剥がれている
・チョーキング現象
・塗装の膨れ
・屋根の藻や苔の発生
・色あせ

塗り替えの時期については上記でも言ったとおり、直近の塗装がどの程度だったかによります。例えば新築の場合は新築時にどのような塗装を行っているかによって決まりますし、中古を購入した場合についても、以前住んでいた方がどのような塗料をつかって塗装したかが関係してきます。塗料の耐用年数にもよりますが、外壁・屋根が上記で紹介したような状態になっているなら、塗り替えをした方が良いと言える時期にきています。すぐに塗装工事をすべきかどうかは状態にもよりますので、まずは、複数の塗装業者に相談してみることをオススメします。

業者によってはまだ大丈夫と言われるかもしれませんし、すぐに塗装工事を行った方が良いという結論に達するかもしれません。塗装業者に見積もりを依頼して塗装工事を行うべきかを相談してみましょう。

外壁塗装の耐用年数!外壁リフォーム工事でどれくらいもつ?

おそらくほとんどの人が塗装したら「どれくらいもつ?」と考えると思います。塗料によっても耐用年数が異なる為、一概には言えませんが例えば、アクリル塗料なら3年~5年、シリコン塗料なら10年~15年などある程度の耐用年数はわかるのですが、実際の所は、塗装業者がしっかりと作業を行ったか?によって変わってきます。

例えば、下地処理を怠り、塗装した場合、同じようにもつかは微妙な所ですし、通常3度塗りをするところを1回、2回しか塗らなかった場合、言われている耐用年数持つとは限りません。また、通常塗料を使う際にはシンナー、水で薄めて使いますが、悪質業者は規定以上薄めて使う事があり、薄めて使えば、当然長持ちしません。

耐用年数については、これまで説明してきたように大体10年と考えておけば大丈夫ですが、塗料によって耐用年数は異なる事、塗装業者の作業次第では、どれくらいもつかも変わってくる事を理解しておいてください。

しっかり工事をしてくれる業者に頼むことが家を長持ちされるために大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加