1. 外壁塗装で失敗しない
  2. 外壁塗装の用語集
  3. 養生とは~養生作業の費用と期間

養生(ようじょう)とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

養生とは、工事の途中で出来上がった部分に傷がつかないようにシートやカバーで保護する事です。引越しの際などに緑のシートで角などを保護しているのを見たことがある人もいるでしょう。外壁塗装での養生とは塗装する外壁以外の部分(窓枠やサッシ)に塗料が飛んだりするのを防ぐ為にビニールで覆うことです。

吹き付けでの塗装以外はそれほど塗料が飛散しないと思われる方が多いのですが、ローラーと使った塗装でも飛び散ることがあります。その為、養生テープやビニール、マスカーなどで塗料の飛散を防ぐために養生を行います。

・養生テープ
塗装時やコーキングの際に作業箇所以外を汚さない為に張るテープです。粘着力はそれほど強くなく剥がしやすくなっています。

養生作業の費用について

養生費用については外壁の平米数で大体の費用を計算する事が可能です。

養生代の平均費用:300~500円/m2

外壁の平米数 費用
100m2 30000円~50000円
110m2 33000円~55000円
120m2 36000円~60000円
130m2 39000円~65000円
140m2 42000円~70000円
150m2 45000円~75000円

養生費用については大体、塗装する外壁の平米数で計算する事ができます。上記の表は幅を持っていますが、平米数に応じて大体の金額を把握することができます。この範囲に収まらない場合もあるとは思いますが、大きく上回らない限り、妥当な価格と考えて良いでしょう。

まとめ

養生作業の費用は工事価格の割合で言うとそれほど高い訳ではありません。養生の目的はキレイに塗装するため、他のものに塗料が飛び散らないようにする為ですので、使う箇所が多ければその分費用がかかってきます。見積もりをもらう際に熟練した職人であれば大体の養生にかかる費用はわかるはずですので、実績がある塗装業者を選ぶようにしてください。

使った分だけの請求にした方が良い場合もありますが、見積もりよりも高い金額になり、後で請求される事もあります。見積もり時点でかかる費用を確定させたいと考える依頼主も多いと思いますので、使った分だけの場合は注意が必要です。

養生に関しては注意しておかないと、隣家に塗料が飛んでトラブルになる事もあります。養生する箇所、範囲など細かく確認しておく事をオススメします。

【番外編】外壁の「養生期間」について

上述してきた「養生」は外壁塗装において塗料が飛び散るのを防止の意味で使いましたが、他に「養生期間」と言われているワードが塗装の際にでてくる事があります。養生期間については、塗装においては硬化するまでの時間の意味で使われているので勘違いしないように注意。

・養生期間について
塗料によって乾燥時間が違うますし、夏と冬とでも気温が違うので乾燥時間が異なります。しっかり養生期間を持たないと、表面は乾いていたとしても、中はまだ、乾いていない状態の可能性もあります。決められた乾燥時間をしっかりとってから次の工程に進まないととせっかくの塗装の性能が低下してしまうので注意が必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加